FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒーロースキンをGETしよう 周回デッキ紹介

昨日のアプデ後にこのようなイベントが来ました。


無題kk


デイリーかドラフトの初級か中級を合計30回クリアすると、ヒーロー エルボラクの限定スキンがもらえます!


S__26869792_201606100129557e5.jpg


見た目はこんな感じ。かっこいいですね@@


では早速デイリー初級を30回高速周回できるデッキを紹介します。

S__26869791_201606100131235d0.jpg

必須カードはダークナイト黒マジックミサイルです。その他1コスと宣告は保険で入れていますが、使うことはありませんでした。
それ以外はダークナイトをスムーズに召喚できるようにするため、ダークナイトのコスト以上のカードを沢山積むとよいです。

デイリー初級の敵のHPはLv1で8か9しかありません。なのでダークナイトで一度攻撃を通せばクリアできます。

行動パターンは初手資源獲得→敵がクリーチャーを出す→マジミサ圏内であれば対面にダークナイト召喚
→次ターンにダークナイト対面のクリーチャーにマジミサを打って攻撃を通して終りです。


マジックミサイルを打てば攻撃を通せる盤面を作る。

S__26869793_20160610012857ae4.jpg

S__26869796_201606100129010f4.jpg


初級は2連戦なので1周あたり1分30秒ほどかかります。
長く見積もって2分かかったとして、10周で20分、30周で60分なのでみっちり1時間やれば終わります。

黒マジックが少しレアなのが気になりますが、周回速度は結構速いので持っている方はぜひ。
日によってはスムーズにいかないかもしれませんが、エルボラクスキンを狙っている方の助けになれば幸いです。

因みにこのイベントの期間は6/16日までです。

スポンサーサイト

† 帝 王 凱 旋 †

3月ごろに思いつき、最近まで使用していたデッキを紹介します。


S__25444354_20160502032644e64.jpg
   ド  ン  !


初見だとかなりの"ヤバさ"を感じると思います。
ベテランアリーナではおなじみですね。(ベテランアリーナをやったことはない)


■コンセプト

このデッキは環境に存在するコントロール、コンボ系のデッキに勝つために作成した。
参考にしたのは赤青十人長だが、レベル差がついてない限り十人長が出る前にスペカンを消費させられるときつそうに感じたので、召喚の1手でスペカン2枚に加えサモカンも墓地に送れて、自身が十分な打点を持っているファルーカを選択した。

■戦い方

開幕本でレベルを上げた後、知識の祭壇を召喚してカウンター系スペル以外の青カードを捨てる。
ターンが返ってきても同じように青カードを捨てる。(祭壇が処理された場合も同じ。)

青が10~14くらい貯まったらファルーカを召喚。カウンター系が墓地に行くので、1ターンはファルーカで殴れる。
ファルーカでワンパン、もしくはワンパン+墓地回収からの復讐の矢で縛れる場合は勝ち。

それ以外の場合は、墓地回収から除去を打ったり、手札に戻ったカウンター系を捨てなおしたり状況によって異なる。
相手の墓地をうまく調整し、矢2枚で〆る事を意識する。

ファルーカで2発殴らなければいけない場合は、ファルーカを出す前の青資源を調節する必要がある。


■総括

かなりざっくりと書いていますが、相手のHPによって立ち回りを変える必要があるということです。

Lv2で決着をつけるデッキなので、逆行セラスや豊作波に本を連打されてLv3に上げられると勝てない場合があったり、
死体操作や亡者の復讐を入れたクリーチャー交換に対して立ち回りが歪んだりと、厳しいデッキもありました。
そして何よりもビートダウン系にほとんど勝てなかったのが致命的でした。

発想はおもしろいかなと思いましたが、実用レベルに至らなかったのが残念。
何かの参考になれば幸いです。

※もし使ってみたい方が居れば詳しく解説します。


過去のランクイン

自己紹介記事が2つってマジ?

このブログのことをアピールできるものがなかったので、
過去のランクインでも載せておきます。


初ランクイン

S__26148921.jpg

59勝21敗 (73%) ランク4

中型を多めに採用したビートダウンデッキですね。
猪や39歳を先に出して相手の変化系を誘発させ、アクオラを出すという立ち回りをしていました。
復讐の矢を採用していなかったため、本入りにかなり負けてしまいました。
ギリギリ削りきれない試合も数戦あり、矢の大切さをとても実感しました。

同時に登録していたのはフィヨゼンと白黒緑のマスク入りビートです。
マスクは2回ほどしか選出せず、フィヨゼンは慣れていなかったのもあり一番負けを作りました。



2回目

S__26148922.jpg

54勝21敗 (72%) ランク10

登録デッキは前期と全く一緒です。ビートは序盤に少しだけ選出しました。
途中から前期で負けまくったフィヨゼンを練習しようと思い、相手がどんなデッキでも選出していました。
デッキ名オルペリアやマスクに苦手意識がありましたが、何度も当たるうちに勝ちを拾えるようになりました。

負け数は多かったですが、幅広いデッキに選出できることに魅力を感じました。
(因みにこのデッキは、当時フィヨゼンで猛威を振るっていた方の丸パクリだったと思います。)



3回目

S__26148924.jpg

S__26189828.jpg


48勝16敗 (75%) ランク4

アリーナ終了前にデッキを変更して遊んでいますが... フィヨゼンです。

もともとランクインを目指すつもりはなく、登録デッキはフィヨゼンのみで何連勝できるか試していました。
運が良かった試合も多く、開幕13連勝→勝ったり負けたり→14連勝となりました。
そのせいで気づいたらランクインしていました。
途中のプレイが散々だったのと、15連勝が出来なかったのが悔しかったです。



4回目

S__26148926.jpg

43勝7敗 (86%) ランク9

前回のランクインから期間がかなり空いてますね。
時間があったので、勝率8割越えを目標にランクインを目指しました。

登録デッキはフィヨゼン、青黒緑トリス、スペカン入りスケ騎士です。
トリスデッキは青吸血鬼やデスクラ-を採用した受け型を使用しています。
ビートダウン対決での圧力に欠け、アリシャ対策も微妙だったため強さは感じませんでした。
スケ騎士はコンボ系デッキに対して使用しました。
スペカン以外の対策カードは積んでおらず、ビートダウンと当たっても戦える構築になっています。(丸パクリ)

負け試合のうち、デッキ相性が悪かった対戦は1回しかなかったのでプレイが甘かったです。
初めて8割越えでランクインできたので嬉しかったですが、9割越えも狙えたと思うので悔しさもありました。



ランクインは4回なので多くはないですね@@;
そしてフィヨゼンばかり使っていますが... うまくない上にプレイが雑になりがちです。

自分で強力な3枠分のデッキを組めたら、またランクインを目指したいと思います。


PvP環境整理とデッキ選出

環境によくいるデッキのメモのようなものです。


■PvPで見かけるデッキ

生命の波 破滅機 ビートダウン系(スタン) ジュール 十人長
地獄門 フィヨゼン 逆行セラス オルペマスク、オルペフィローナ 
クリーチャー交換 ボロ トラップビート コンボ、コントロールメタ系 ...



■デッキ名で見る環境

※環境に特に多いもの、デッキ名で判別しづらいものを挙げる。


・生命の波
 勧誘波:トリプルトーヴ ダブル破滅機龍、超など 生命の波
 豊作波:トリプル大豊作 ダブル白衣ナオ、ジャンヴァーなど 生命の波
 エリア無限ループ:ダブルファルーカ トリプル道連れなど 生命の波

相手のデッキ名が豊作やナオでない場合、勧誘なのか豊作なのかわからない。
赤の崖っぷちで対策している場合など気をつけたい。

デッキ名が生命の波の場合、エリアファルーカの可能性もあり複雑化する。
波を意識したデッキを作るなら、上記のどのタイプが来ても選出できるようにしておきたい。



・破滅機
 ジュール展開:破滅機真、聖 ダブル破滅機真、聖
  ジュール展開:上記に加え時間逆行など
 素出し:破滅機真 トリプルマナポーション

その他門、波、ジュールスタンなど

ジュール展開がかなり多いように感じる。
ヒーロージャメラで逆行を構えられた場合が厄介か。
最近ではダブル真を門で展開するデッキもあるので要注意。



・デッキ名 天使オルペリア
 十人長:爆発力があり、展開を許した場合一気にダメージを取られるので制圧力が高い。
 マスクorフィローナ:処理し辛いマスクを展開し、儀式からオルペリアのコンボが有名。繭罠系に弱めか。
 フィローナネヴィア:上記のデッキとは違いスペカン、サモカンが厄介。対応幅も広く環境に多い。

オルペリアは軸になるクリーチャーによって、中身が別物になるので対策も複雑になる。
デッキ名がマスクの場合はスタン系ではなく、オルペリア-を採用した上記デッキの可能性がある。
共通の対策カードは、繭罠系や崖っぷちなどがあるが対応されがち。



・デッキ名 地獄門
or 基本型:クリーチャー4~5体 全体除去に対して安定感を持ち、制圧力がある。
or パルノック門:トーヴやギブネンと組んでワンキルを狙う。 パーツが出揃わなかった場合対応されやすいか。
or ヘルロード門:クリーチャー2~3体ほど 門発動だけで全体除去も同時に行える。

パルノック門が多く、基本型とヘルロードは一部存在している印象。
最近は捨てよなどのメタを外したデッキが多く、今後数を増やすかもしれない。
展開が遅いデッキを当てる場合パルノック門の可能性には注意したい。



・スタン系
 アリシャ、トリス:守護者や市民で資源を稼ぎ大型を展開する。 資源差がつくことを考慮しておきたい。
 スケ騎士:吸血鬼、スケ騎士などで居座りを安定させる。 デスクラがあるため壁を出し辛い。
 マスク、アリシャ:範囲除去があまり採用されなかったが、ミスティル+デスクラの可能性がある。

アリシャやトリスは赤緑のことを考えるとこちらの選出が変わってくるか。
スケ騎士やマスクはコンメタやリアニメイト系の可能性もある。

これらのスタン系のデッキは他にも組み方が非常に多い。
相手のスタンに対し自分もスタンを当てるならばクリーチャー、除去の質を高めたい。



ざっくりとですが、こんなところでしょうか。



■選出について

これだけデッキ名に関して書いたのは理由があり、その考えをデッキ選出と合わせて書きます。

対戦時に相手のデッキ内容を判別するためにはヒーローとデッキ名が重要になります。
多くの場合相手のデッキ名で判断し、選出するデッキを決めていると思います。

例えば相手のデッキ名が「天使オルペリア」でした。
自分は十人長には勝てるが、青入りフィローナには勝てないデッキを使っているとします。

この場合相手が構えている「天使オルペリア」に対して、安定した選出ができないことになります。
こちらの選択が狭まり、デッキじゃんけんに関しても不利になります。

こうならないために似たような動きをするデッキは、まとめてキッチリと対策しておきたいです。
そしてそのデッキが選出できるのかどうか、構築段階で検討する必要があります。



ブチギレ十人長

???「ゴブリンを甘く見たな?」

S__25755650_201605091915205ca.jpg

Lv1は除去もしくは資源獲得で切り抜ける。
Lv2では1ターンのうちにゴブリン十人長を展開+自然の怒りを発動する。

S__25755651.jpg

自然の怒りは自陣クリーチャーのHPと攻撃力を2倍にするという凶悪な効果をもつ。
使用すると対戦相手をとてもびっくりさせることができる。


~このカードによりゴブリンたちが覚醒~


無題kkk

なんだこのステータスは@@;
とても強そう 勝ったな(確信)




















S__25763842.jpg


^p^  うああああああああぁぁぁああ


クセになる弱さ。

勧誘波に擬態しているが、得られるメリットは未だ判明していない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。